スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / -
Comments*0 / Trackbacks*0
大人買い
本日,購入してしまいました。
アマゾンで。

「インディ・ジョーンズ 3シリーズ DVDセット」

新作は観にいけないかもしれないけれど,気持ちだけは流行に乗っちゃって・・・。

だって,面白いんだもん!!
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
DVD
なかなか観られないくせに,ついついDVDを買ってしまいます。
なかなか観られないくせに,ついついCSやBSを録画してしまいます。

現実逃避だということは,重々承知しておりますです。ハイ。
きりん / 映画
Comments*2 / Trackbacks*0
若さゆえ
遅ればせながら,ようやく観にいくことができました。
腰が痛くてうまく歩けずよちよち歩きのきりんを,同じ歩調で歩くだんな様に支えてもらいながら(傍から見たら陣痛をおこして病院へ向かう人に見えたかもしれません),出産する前にどうしても劇場で観たかった映画「007/カジノ・ロワイヤル」を観にいってきました。

6代目ボンドに代わっての第1作目にあたる「カジノ・ロワイヤル」はボンドが00(ダブルオー)に昇進してすぐの話。つまり若いときの話なのですが,前作までのピアース・ブロスナン版のボンドが強く印象に残っているだんな様にとっては,今回のボンド,とっても乱暴&残虐に見えたようです。
確かに乱暴者です。
でも,それも若さゆえ。
これからいろいろな任務をこなしていくうちに,あのダンディズムを身につけていくのですよ。
いい男は一日にして成らず。
あ,女もまた同様ですかね。
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
マルサの女
本日も一人,休日を謳歌するきりんであります。
3連休の最後,そして成人の日の今日も,だんな様は出勤なのです。
で,マルサの女です。
久しぶりに観ました。1・2とも。
CSで伊丹十三特集をやっているので録画しておいたのです。
やっぱり面白いですね。
伊丹映画は。
特にマルサの女2は改めて観てみると,超高層ビル建設の再開発に絡む地上げの問題を取り上げていて,政治家,不動産屋,暴力団,ゼネコンの悪行の様子が生々しいことこの上ないのです。
今もいろいろな所で再開発事業が進められています。
目に見えないところで数限りない様々なことが行われてきたのでしょう。
自分もゼネコン勤務の身ですが,そら恐ろしい気分になったのはいうまでもありません。
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
M:I=3
観てきました。
新作を。
昨日の土曜日には前作2本を連続して観なおし,復習はばっちり!

このシリーズは,エイリアンシリーズのように各作品毎に監督が異なるので,監督の好みや特徴などが非常にわかりやすい,毎回違った楽しみ方ができるときりんは思っています。

サスペンスの要素が強かった1作目。
アクションがひたすら素晴らしかった2作目。
1作目と2作目をほどよくミックスさせたような3作目。

さらに,作品の全体的なイメージもさることながら,主人公:イーサンの見せ方が全然違う!
人間的な部分(主にプライベートな面)に重きをおいて撮られた新作は,トム・クルーズの男としての魅力を十分に出していたと思います。

と書きながら,そういえば,1作目はともかく,2作目・3作目はまさしく,トムのための映画だなぁ,と改めて思いましたが,ま,おもしろい映画は大歓迎なので,良しとしましょう。

さあ,次は何を観にいこうかな。
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
何事も復習が大切
なんのこっちゃですが,シリーズものの映画の続編を観る前には,前作を観なおしてから新作に望むのが,きりんの映画を観るときの鉄則です。

で,なんの映画かといえば,話題の「M:I=3」です。
前作の「M:I=2」が約5年前,前々作に至っては何年前だったか思い出せません。
せっかくだから全部観てから新しいのを観たいなぁ,と思っていたところ,だんな様が前2作のお徳版DVDを購入してきてくれました。
今週末に新作を観にいくことを念頭に入れ,復習の準備は万端。
あとは観る時間ですが,平日はやはり無理そうなので,週末に復習してそのままの勢いでテストに望む,ということになりそうです。

映画好きのきりんには,願ってもない映画三昧の週末になりそうです。
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
ダ・ヴィンチ・コード
原作を読んでから臨んだきりん。
原作を読まずに挑戦しただんな様。

ともに「・・・。」

といった感じでした。

うーん,昔,宮部みゆきさんの「模倣犯」が映画化されて観た時にも思ったことですが,長くて深い原作を映画化すんな!
ってことですね(なら,観るなよ,って言われそうですが)。

内容を知っているきりんには展開の速さが物足らず,内容を知らないだんな様には展開が速すぎて意味不明。

まったくつまらなかった,というわけでもないので,なんとも勿体ない・・・
消化不良な土曜の午後でした。(だんな様ごめんよ,観たいといってつき合わせて!)
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
けっこういける
せっかくの日曜日だというのに薄暗いいやな天気です。
かみさんが先輩から借りてきたというDVDを観ました。

“オペラ座の怪人”

去年かみさんの両親とともに劇団四季のミュージカルを観に行ったのですが予備知識もなんもなかったせいか,つかみどころがないまま終わったという感じでしたが,映画版はわかりやすくて実によかった。
音楽も耳に残るし。。

公演終わるまでにまた行こうか。

お父さん,映画版,結構いいですよ。
ひでさん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
コマンドー
今,まさしく「コマンドー」をテレビで放映中です。
懐かしいです。
かなり昔の映画です。

今でこそ,カリフォルニアの知事になんかなっちゃったシュワちゃんですが,このころはほんっとーに筋肉ムキムキで男前な俳優でした。

そういえばこの映画,若かりし頃のアリッサ・ミラノが娘役で出演していますが,彼女は今,何をしているんだろう??
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
戦争と私たち
観てきました。
男たちの大和」を。

きりんは戦争を知りません。
体験していません。
「戦争」を知る手段は,学校での授業,書籍,おばあちゃんからの体験談。
そんなものです。

戦争映画は苦手です。
だって,泣けてしまうのがわかっています。
太平洋戦争を題材にしたものでなくても,いわゆる「戦争もの」はだめなんです。
きりんは政治のことなんてなーんもわかりませんが,戦争が悲惨なもの,悲しいものということはわかります。
大切な人が永遠に目の前からいなくなること,それが戦争です。

日本だけでなく,アメリカもイギリスもその他多くの国が戦争に批判的な映画を創っています。
でも,戦争はなくなりませんね。

ああ,もったいない。

日本に限っていえば,「小泉,バカじゃねぇ??」の一言に尽きます。

私は,大切な人には誰一人として死んでほしくない。

憲法を変えようとするからには,まずお前が手本を見せろ,と声を大にして言いたい,今日この頃です。
きりん / 映画
Comments*0 / Trackbacks*0
1/2PAGES >>
InternetExplorer Only