スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / -
Comments*0 / Trackbacks*0
なやみごと
多くはないけど、結構重くて、最近なんとなくスッキリしない。

頭の中が、片付いてない机の上のように、今にもいろんなものが落ちていきそう。

久しぶりに、「悩み」と表現できるなやみを抱え込んだ。

ああ、頭の骨をパカッとあけて、今あるものを全部溶かして流したい。

いやいや、悩みは頭の中ではなく心の中か。

どっちでもいいや、楽になれるなら・・・。
きりん / 徒然日記
Comments*0 / Trackbacks*0
しりとり
保育園で「しりとり」を教えてもらったといって、一人でやっている娘。

「しりとり」がどんなものか、ルールは何か、というのを教えてもらったということだけれど、
一人でやっている時点で、ちょっとだけ横道にそれている。

ま、それはそれ。

むりやりつき合わされないだけ、母としてはラッキー。

娘の「ひとりしりとり」を聞きながら、保育園からの帰り道を歩いていた。

「○○○、もーも(桃)、もーち(餅)・・・。」

ときて、お、順調じゃん、と思ったところへ、

「ちょうーちん(提灯)!」

あら、「ん」で終わっちゃったね、と言おうとしたら、

「んーどうかい!」

ええっ!?
運動会!?

「い・・・、いーるーか(イルカ)、かーえーる(蛙)、○○○・・・」

それは間違っている!
と言うべきかどうか、困惑の母でした。
きりん / 奮闘!育児日記
Comments*0 / Trackbacks*0
納得!
いったいどこで目にしたのか・・・。

はっきりと思い出せないんだけど、最近目にした何かの記事(コラムだったか、ブログだったか・・・)で、

"この国の男は「ガキ」と「おっさん」と「じいさん」しかいない"

という文章があり、妙に納得してしまいました。

人によってそれぞれの期間の長短は違うけれども、ガキ→おっさんの一足飛びのところが「確かに!!」って。

私も子供はひとりしか産んだ覚えがないけれど、なぜか家には子供が二人いるような感じですもの。

35歳過ぎの長男と4歳の長女。

二人とも、ケンカしないで仲良く遊びなさいよ。
きりん / 徒然日記
Comments*2 / Trackbacks*0
ちょっと前のことだけど
毎年決まった時期になると、大学時代の研究室と恩師に果物を贈っています。

だいたいいつもメールでお礼が届くのですが、研究室に在籍している学生の方からは、ご丁寧にハガキでお礼状をいただくこともあります。

最近の学生さんは、文頭の挨拶や言い回しなど、ちゃんと心得ているんだなぁ、偉いなぁ・・・。
と感心していたのですが、ハガキをケースにしまおうとしてふと違和感を感じました。

宛名が「○○ 子 様」。

惜しい!!
ていうか、そこ間違えちゃいかんだろう!

私の名前は「子」。

似てるねぇ。確かに、似てる。
でも、そこが一番大事なトコだから!!

ものすごくがっかりしたと同時に、就職活動の真っ最中であろう学生さんの将来が、ちょっとだけ心配になりました。
きりん / 徒然日記
Comments*0 / Trackbacks*0
手厳しい
朝のニュースでスキンヘッドの人を見ました。

娘がその人を指して、
「あの人、髪の毛ないね・・・。」
と、不思議そうにつぶやきます。

「パパがあんなふうになったらどうする?」
もしもだんな様の髪の毛が危険な状態になってきたら、いっそつるりと丸めてしまえ!
と思っている私は、ためしに聞いてみました。

「外に捨てる。」

淡々と、しかしきっぱりと言い放つ娘に、ちょっとビビった朝でした。
きりん / 子供
Comments*6 / Trackbacks*0
ヨガ、始めました
ようやく、自分の時間も有効に使えるようになってきた今日この頃。
前から興味があったヨガを始めました。

保育園でお知り合いになったママさんから、月に2回のヨガ教室のお誘いを受けたのです。
スポーツクラブではなく、近所のマンションの集会所に出張で先生が来てくれるというもの。
場所も近いし、月に2回(土曜日の午前中)だし、気負わなくていいかも、と思って参加してみたのです。

開催から1年が経過している会とのことで、私以外はみな経験者。
ついていけるかしら?
と思ったのですが、呼吸法から教えていただき、各ポーズへの流れもゆったり。
なんとかついていくことができました。

初日は、当日の夕方からすでに筋肉痛の予感。
普段使わない筋肉のあたりがにぶく、だるく感じました。

思っていたよりも、ずっとずっと自分の身体にしっくりきて、次回が待ち遠しいほどに。
ヨガの考え方も、私にはあっているようです。

のんびりゆったり、続けていきたいと思います楽しい
きりん / 習い事・趣味
Comments*0 / Trackbacks*0
ラブレター(?)
先日、娘のお友達からお手紙(絵手紙か)が届きました。
生後3ヶ月のときに知り合って、ほぼ丸4年のお付き合いをさせていただいたお友達(男の子:Tちゃん)です。

3月の引越しを機に保育園も転園となり、お別れの日にあわせて娘からお手紙(暗号に近い)を書き、保育園の下駄箱に入れておいたのでした。

そのお礼にと、Tちゃんが一生懸命書いてくれたお手紙に、ママの説明書きが添えられ、先日ポストに届いたのでした。

Tちゃんママからの添え書きの通り、たくさんの絵がA4用紙に描かれ、Tちゃんが
「蒼空ちゃんは何を書いて欲しいかなぁ・・・?」
と悩みながら、一生懸命考えなら描いてくれたのがとてもよくわかりました。

きっと、こんなにも、もらう人の気持ちを第一に考えた(それが当っているかどうかはともかくとして^^;)お手紙をもらうのは、大人になったら無理なんだろうな、と思ってしまいました。
自分の思いを伝える手段として手紙を書くことはあっても、相手が喜んでくれるように、相手の書いてほしいであろうことをそのままに書く、というのは、大人にはできないことだろうと。

Tちゃんの素敵なお手紙は、ずっと大切にしますね。

新しい保育園も、元気いっぱい、楽しい毎日でありますように。
きりん / 奮闘!育児日記
Comments*0 / Trackbacks*0
災害時に見える人間の本質
東北地方を襲った未曾有の大地震から、明日で1週間ですね。
避難生活を続けながらも、毎日を懸命に生きておられる皆様、どうか一日も早く安全な場所で過ごすことができますようお祈りいたします。

東京は当日の混乱こそひどかったものの、ここ数日は都心の電車は比較的順調に運行され、早くも日常を取り戻しつつあるように感じます。
とはいえ、同じ都内のある地域、関東近県の各市町村では計画停電も実施され、やはり不安な日々を送られている方も数多いのも現実。
こんなとき、特に何ができるでもない自分だけれど、できる限りのことをしていきたいと思っています。

そんなとき、どうしても納得できない行動や、理解できない考え方をしている人を多く目にするにつれて、人間の本質はこんなときにあらわになるんだな、と思います。

ふと気づいたときに、信頼していた人や親しくしていた人が、自分にとっての「理解できない人」になってしまうと淋しいものですね。
きりん / -
Comments*0 / Trackbacks*0
初スキー場
先日、以前在籍していた部署のスキー旅行にお誘いいただき、娘と二人で参加してきました。

ただでさえ寒いところが苦手な私が、子供連れでスキー場なんか行って大丈夫なのか!?

と、心配していたですが、誘ってくれた方々の優しい心遣いとさりげないお手伝いで、なんとか無事に、そして楽しく行ってくることができました。

スキーができない私と、スキー場(雪国すら)初めての4歳になりたての子供なので、終始雪遊びとそり遊びでしたが、娘は思いのほか楽しかったようで、また明日もくるんだ〜!!と、帰るときには言っていました。

お誘いくださったみなさま、ありがとうございました。
きりん / 奮闘!育児日記
Comments*0 / Trackbacks*0
REGZAフォン
ついに携帯をスマートフォンに変えました。
まだ上手に使えません…。

サクサク使いこなしてる人って、すごい!

今も、必死に打ち込んでいる感じです。

誰かレクチャーしてくれ…。
きりん / -
Comments*0 / Trackbacks*0
<< 2/62PAGES >>
InternetExplorer Only